プログラミング

サービスの自動起動設定をchkconfigで確認する

Linuxサーバー上で動いている各サービス(ソフトウェアの常時起動)は自動起動設定を変更することができます。

現在の設定がどうなっているかどうかは、「chkconfig」コマンドで確認ができます。

 

$ chkconfig

# こっちも同様

$ chkconfig --list

 

サービス名を指定すれば、特定のサービスに絞れます。こっちのが使いやすいと思う。

例えばnginxの状態を確認したいとは以下の通り。

 

$ chkconfig --list nginx

nginx 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

 

ここで表示される、0~6はランレベルと言ってどういった状況下でon, offを設定するかを決めています。

以下のQiitaがわかりやすいです。

https://qiita.com/takahirono7/items/8b971cd1cf2ddcfe0e04

 

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-プログラミング
-, , ,

© 2020 クラインの備忘壺