AWS プログラミング

Code CommitにSSH接続できるようにする

AWSのCode CommitはAWS上で使えるGitのホスティングサービスです。

Code Commitは他のホスティング同様、httpsで接続も出来るのですがユーザー名とパスワード聞かれて面倒なのでSSH接続出来るようにします。

 

IAMユーザーの認証情報に公開鍵を登録

Code Commitでは、Git専用のユーザーではなくIAMユーザー単位でリポジトリの操作をすることになります。

なので、IAMユーザーを作成しそのユーザーの認証情報に公開鍵の内容を登録する必要があります。

 

ここではIAMユーザーの作成手順は省きますが、必要なIAMポリシーは以下になります。

  • AWSCodeCommitPowerUser

 

公開鍵のアップは以下からできます。

IAM > ユーザー一覧 > ユーザー選択 > AWS CodeCommit の SSH キー > SSHパブリックキーのアップロード

 

アップロードする鍵は通常通り、「ssh-keygen」で作成すればOKです。

 

アップロードが完了したら、SSH キー IDというものが付与されます。

これは、この後の手順で使用します。

 

~/.ssh/configに接続先情報を追加

接続には、~/.ssh/configに以下の内容を追加します。

Host git-codecommit.*.amazonaws.com
User ここにSSHキーIDを書く
IdentityFile ~/.ssh/秘密鍵の名前

 

UserにSSHキーIDを指定するのが他と異なる部分になります。

 

公式の手順にも記載がありますが、configを初めて作成した場合はパーミッションの修正が必要なので、忘れないようにしましょう

$ chmod 600 ~/.ssh/config

 

これで完了!接続出来るようになってます!

 

AWS新しく勉強すること多すぎるぞ。。

オススメのUdemyの動画貼っておくので、よかったら試してみてください。

AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得

-AWS, プログラミング
-, ,

© 2020 クラインの備忘壺