プログラミング

C++の開発環境をVisual Studio Codeのみで構築する

今回は、C++の開発環境を構築する手順をまとめていきます。

 

IDEとして使用するのは、Microsoftが作ったVisual Studio Code通称VSCodeです!

 

これ以外に面倒なツールや設定等は必要ありません。VSCodeのインストールのみでほぼ完了します!!

では早速インストールの方法から解説していきます。

 

くらいん

今回はMacを例にしていますが、Windows Linuxでも同様の手順です。

 

Apple アップル MacBook Pro MPXR2J/A シルバー 13.3インチ Retinaディスプレイ SSD128GB 2300/13.3 Intel Core i5 8GBメモリ マックブックプロ MPXR2JA Touch Bar非搭載モデル
created by Rinker

 

 

ちょっと宣伝。Youtuberやってます。よかったら見てくださいw

 

Visual Studio Codeのインストール

公式サイトにアクセスし、Download for Macをクリックしてダウンロードを開始してください。

 

ダウンロードが完了したら、アプリを起動しておいてください。

 

アプリの起動自体は、他のMacやWindowsのアプリケーションと同様です。

(基本ダブルクリックでOK)

 

拡張機能「Code Runner」を導入

エディタの左カラムから、一番下の四角いマークをクリックすると拡張機能の検索が行えます。

ここに、「Code Runner」と入力し検索してください。

 

検索が完了するとおそらく1番上に出てくるかと思いますので、そのままインストールを行います。

 

ちなみに、この「Code Runner」という拡張機能ですが、

対応している言語のコードをVSCode上で実行させることができるというとても素晴らしい機能です!

 

対応している言語は、マーケットプレイスのページによると以下の通りです。C++もちゃんと入っていますね。

 

C, C++, Java, JavaScript, PHP, Python, Perl, Ruby, Go, Lua, Groovy, PowerShell, BAT/CMD, BASH/SH, F# Script, F# (.NET Core), C# Script, C# (.NET Core), VBScript, TypeScript, CoffeeScript, Scala, Swift, Julia, Crystal, OCaml Script, R, AppleScript, Elixir, Visual Basic .NET, Clojure, Haxe, Objective-C, Rust, Racket, AutoHotkey, AutoIt, Kotlin, Dart, Free Pascal, Haskell, Nim, D, and custom command

 

インストールが完了したら、必要な作業はこれでお終いです!

あとは、適当なテストプログラムを実際に作り実行してみます。

 

Hello World!してみる

最後に、おきまりのHello World!で動作確認をします。

適当なローカルの場所に、hello.cppという名前でファイルを作成し、以下のコードをコピーして保存してください。

 

 

保存ができたら、右上にある再生マーク(▶︎)をクリックします。

 

これだけでビルド〜実行までしてくれます!

 

ビルドが成功すると、エディタ内の出力コンソールにメッセージが表示されますので

今回の場合、Hello World!と表示されればOKです!非常に簡単にC++の環境ができました!

 

あとは学習するのみ!

これで環境が出来上がったので、あとはひたすらC++を学習するだけです!

学習の始めとしてUdemy一週間で身につくC/C++言語 が非常におすすめですので良かったら参考にしてみてください。

(セール時価格は1400円程度です!)

 

C言語も含まれていますが、後半のC++部分から動画を見始めても十分かと思います。

 

 

 

【厳選】Udemyでセール時に購入すべきオススメの動画Part2【どの分野にも役立つ】

エンジニアの皆さま!これからエンジニアを目指す皆さま!Udemyは有効に使っていますか?? 以前にUdemyでセール時に絶対買っておいた方が良い動画を分野別に分けて以下の記事で紹介しました。 &nbs ...

続きを見る

 

【タイプ別】逆引きでおすすめのプログラミングスクールを3つ紹介する【失敗しない選択をしよう】

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

続きを見る

 

-プログラミング
-, , , ,

© 2020 クラインの備忘壺