プログラミング

Docker + MinioでAWS S3の擬似ローカル環境構築

投稿日:

AWS S3のローカル開発環境を擬似的に用意できる「Minio」を使用してDockerで環境構築をします。

「Minio」を使用するとS3ライクなストレージが扱えます。

 

コンテナ作成

以下のdocker-compose.ymlを作り、コンテナを作成します。

 

docker-compose.yml

 

dokcer-compose up -dで起動

 

Minio用のアクセス情報を追加

AWSのアクセスキーとシークレットキー同様に、Minio用のものを設定します。

 

 

--profile minioのminioは任意の名前でOKです。(awsのプロファイル選択に使用するIDのようなもの)

AWS Access Key IDとAWS Secret Access Keyはdocker-compose.yml内で指定した値にしてください。

 

S3コマンドの実行

これで環境の準備は整ったのでS3のコマンドを実行します。

以下それぞれ、バケット作成、オブジェクトのアップロード、アップロードしたオブジェクトの確認です。

 

 

--endpoint:http://127.0.0.1:19000(ymlで指定したポート番号)

--profile:上記aws configure --profileで指定した任意の名前

 

ブラウザで確認

最後にブラウザで確認してみます。

 

http://127.0.0.1:19000

 

上記にアクセスすると、Minioの管理画面が起動します。

IDとパスワードはymlにて指定したものを入力すればOKです。うまくいっていればバケットとアップロードしたオブジェクトが表示されます!!

 

AWSを未経験から学びたい人

ローカルで今回はS3の擬似環境を作りましたがこれからAWSについて学んでいきたい人にはRaiseTechがおすすめ。

詳しく知りたい方は、マンガでわかるRaiseTechでイラスト付きで解説されているのでチェックしてみてください。

 

https://raise-tech.net/

 

 

【厳選】Udemyでセール時に購入すべきオススメの動画Part2【どの分野にも役立つ】

エンジニアの皆さま!これからエンジニアを目指す皆さま!Udemyは有効に使っていますか?? 以前にUdemyでセール時に絶対買っておいた方が良い動画を分野別に分けて以下の記事で紹介しました。 &nbs ...

続きを見る

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-プログラミング
-, ,

Copyright© クラインの備忘壺 , 2019 All Rights Reserved.