プログラミング

【入門】Dockerでコンテナ起動時に環境変数を設定する【Dockerfile ENV】

更新日:

Dockerでコンテナ内の環境変数をビルド時に設定する方法を解説します!

まだ、Dockerがお使いのパソコンに入っていないという方は以下に方法をまとめていますので参考にしてみてください。

 

【入門】Dockerのインストール〜コンテナの起動($ run)、停止($ stop)、削除($ rm)までの全手順まとめ!【使い方も解説する】

  現在5年目の現役エンジニアとしてインフラ領域を担当しています!   今回はDockerをこれから使いたいという人に向けて、インストール方法と初めてのコンテナを立ち上げるまでの手 ...

続きを見る

 

Dockerfileに『ENV』として記載する

コンテナ起動時に環境変数を設定したい場合は、Dockefileに『ENV』として記載します。

 

Dockerfile

 

 

今回はテスト用にalpineのイメージを使用し、以下の環境変数を設定します。

 

環境変数名
TEST_STRhoge
TEST_INT20

 

ビルドする

作成したDockerfileを元にビルドしてイメージを作成します。

 

 

『env_test』という名前のDockerイメージを作成しました。

CMD(コンテナ起動時に実行される)に『env』を記載しているので、起動と同時に環境変数の一覧が標準出力されます。

 

コンテナを起動して環境変数を確認

コンテナを起動して確認します。

 

 

Dockerfileに記載した値が確認できました!

以上が環境変数の設定方法になります!ガンガンDocker使っちゃいましょう!!

 

 

ちなみにDockerについてこれからガンガン学習したい!!という方はUdemyのゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築 が体系的に学べて、とってもおすすめです!

ぜひ併せてチェックしてみてください!

 

 

 

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-プログラミング
-, ,

Copyright© クラインの備忘壺 , 2019 All Rights Reserved.