プログラミング

新卒でほぼ未経験からエンジニアに就職して5年目の今思うこと。

投稿日:

現在本職では新卒でエンジニアに就職して5年目になります。(2019年9月時点)

 

5年目という期間は自分的にも、更にはきっと世間的にもいい節目の時期だと思うので、これまでの仕事を振り返りつつ今思うことをつらつらと書いていきます。

(かなり長くなるので、興味のないところはテキトーに読み飛ばしてくださいw)

 

 

結論としてエンジニアとして就職できたこと、ここまでやってこれたことはとても嬉しく思っています。

でもその中で、あの時こうしとけば良かったとか反省すべき点もあるのでその辺りも赤裸々に書いていきます。

 

 

これからエンジニアになりたいと思う人へ少しでも参考になったり、

自分と同じくらいの年次で日々色々なことを考えて働いている方と共感できたらめちゃくちゃ嬉しく思います!

 

 

そもそもなぜエンジニアになったのか

 

まずは私がそもそもなぜエンジニアになったのかということについて振り返ります。

 

大学は理系の4年制大学に通っていましたが、分野は電気系でプログラミングの授業はたまにあったけど特にメインでもなく、ただ必修科目だからやっていたというくらいです。

ちなみに研究もアンテナ作りとかやってました笑(プログラミングとはかけ離れてた)

 

授業でやっていたプログラミングだと「C」とか「フォートラン」とか「C++」とかだった記憶がありますがいかんせんテスト前に暗記するだけで一切の理解をしていなかったので、あまり覚えていません。

 

なので、この頃はまさか自分がエンジニアとして働いている未来なんてカケラも想像していませんでした。

 

就職活動が始まって

就職活動では本当に色々な会社を受けました。

メーカーの営業から印刷関係、はたまたTVの製作会社まで。でもなぜか逆にITの会社は就職した1つしか受けませんでした。

(ここでも明らかにエンジニアになる気がないのを感じるw)

 

 

私が考えていた就職活動の会社選びの軸は、

 

研究服や作業服を着たくない!私服かスーツがいい!

 

なんとこれだけです。(まじで今思うとひどすぎると思う。)

 

理系の電気系の大学だと、多くの人はメーカーの技術職とかになるんですよね。

でもそのころの技術職のイメージって工場で作業服着て働いたり、研究室で白衣を纏って作業したりという感じでした。それがその当時の自分にとってはなんとなく思いえがく社会人像と異なっていたんです。

 

1発目の反省点

やっぱり就職活動は今思う自分の人生における一つの反省点でもあります。

結果として今自分の環境は良いもので、エンジニアという職種に着けたのはただただ運が良かっただけだと思ってます。

 

就職活動に置ける1番の反省点としては、

 

目先の会社のことしか考えていなかったこと

 

自分が将来どんな風になりたいとか一切考えずに、ただただ受ける会社の勤務形態とか給与とかしか見てませんでした。

 

5年目になった今、結局会社に入ったら多くの人は転職していくし

本当に新卒1社目って通過点なんだなということをしみじみ感じていて、就職活動の時は自分の長い将来とその会社を直結で結びつけてました。

 

 

でもそうじゃなかった、自分の将来のためのステップとして会社を選べば良かったなとすごく反省しています。

 

 

就職活動を控えた学生の皆さん、絶対長い先のことも考えたほうがいいよ!その為に必要なスキルが身につく会社を受けるのが絶対良い!!

 

実はエンジニアじゃなくWebディレクター志望だった

実際に会社に就職しましたが、元々実はWebディレクターとして入社しました。面接でも一切エンジニアなんて言葉は出していませんw

でも入社後に色々あって大学が理系だったこともあり、本当にたまたまエンジニアになることになりました。

 

エンジニアになった後タイミングを見てディレクターへの異動を希望しようかなとうっすら考えていましたが、そんなことにはなりませんでした。

理由としては単純にエンジニアの仕事が自分にとってはめちゃくちゃに楽しかったからです。

 

ほぼ未経験でエンジニアになってみて

 

そんなこんなで正式にエンジニアとして働くことになったわけですが、

上述した通りプログラミングについては、「テスト用の勉強で暗記しかしていない」「趣味で何か作っていたわけでもない」なんなら「パソコンを使うタイミングはYoutubeとPowerPointとExcelだけ」というポンコツぶりでした。

 

つまりぶっちゃけ未経験です。

 

テキストエディタって何?

HTMLって聞いたことしかない

サーバーとか英語なの?それとも和製英語?

 

こんな状態です、まじでひどすぎますよね笑

ITの会社に就職が決まっても一切勉強をしていないという徹底ぶり!

 

最初はマジでキツかった!

知識がここまで空っぽでしたから最初はめちゃくちゃにキツかったです。

毎日やることなすこと知らないことしか出てこない!自分の辞書に引っかかる言葉なんて皆無でした。

 

でもそんなきつい日々の中でも感じていたのは、

 

知識が増えることって楽しい!プログラミング書くのって楽しい!

 

元々勉強は好きとかでもなかったですが、数学とかは好きでした。

知識を積み重ねてそれを良い感じに組み合わせて、新しい問題を解くみたいな。そういうのが好きな方にはエンジニア絶対向いてます!

 

業務でやったこと

実際の業務でやったこと(やってること)は以下のような感じ。

 

1年目PHPやサーバー周りの設定など
2年目〜4年目主にJavascriptを使ったサービス開発
5年目(現在)インフラ(クラウドを2社くらい跨いでる)

 

こう考えると結構幅広くいろんな技術に携わることができたなあと今の会社には感謝しています。

サーバー周りの設定ではCMSをいじったりとかもしたんですけど、やっぱり開発でプログラミング書いてる方が断然楽しかったです笑(ここは完全に個人差あると思います)

 

一番良かったことは、プログラミングの基本がしっかり実務レベルでついたことかなと感じています。

基本を学ぶ為には独学でも十分できますが、やっぱり実務になると「こんな時にこれ使うのか!」とか「意外にこれって使わないんだな」とか見えてくるものがありますよね。

 

2発目の反省点

いろんなことを学べたのは良かったし、今後の人生においては間違いなくプラスになると思うので後悔はないのですが

5年目になって思うこととしてはやっぱり、

 

自分なりにプログラミングを学んで最終的にどうしたいのか

 

これをうっすらでもいいから考えるべきだったなと。

その思いがあって色々な技術を学ぶのとそうでないのとでは、吸収率も違うでしょうし何よりその知識に対する考え方が変わってくると思うんですよね。

 

業務として使う言語を選ぶのは必ずしも自分の思い通りに行くとは限らないので、自分の将来像を自分の中で持っておくのは大事だったなと、今になって反省しています笑

 

今後やっていきたい事

 

上記の反省を踏まえて今後やっていきたい事を書いていきます。

厳密には、最近これらがやりたくなったのでもっと早くに準備してれば良かったなという思いからの反省でもあります。

 

以下が今後やりたいことです。

 

  • SwiftによるiPhoneアプリ開発
  • PythonでのAI開発
  • 上記2つを合わせて、AIを使ったアプリを自分で作る

 

iPhoneアプリ開発については実は半年ほど前から着手しておりまして、現在作成中のものが年内にはリリース予定なので、ストアに公開されたらブログに載せたいと思います。

 

インストールしてもらえたら泣いて喜びます。

 

 

ちなみにアプリ開発の学習として使ったのはUdemyの以下の動画です。

 

【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp

 

 

これだけでも開発に着手できたので動画を作ってくださった方に感謝しかありません。

 

 

機械学習について以下の記事で学習方法のススメをまとめたので良かったら参考にしてみてください。

AI(人工知能)を作りたい!機械学習の勉強の始め方を紹介【未経験でもOK】

人工知能、AI、機械学習、ディープラーニング、今ものすごく流行っていますよね!   日テレ系のドラマ「あなたの番です」で横浜流星くん演じる二階堂忍がAIの開発をして、 さらに盛り上がりまくり ...

続きを見る

 

 

また先日、自分の望む技術(AIとアプリ)をモロに搭載したスマホアプリ『ゼノンザード』がリリースされまして、とても衝撃を受けたのでこちらも興味があればどうぞ。

『AI×カードゲーム』という素晴らしい合わせ技をした非常に面白いアプリです。

 

AI×デジタルカードゲーム!?話題の『ゼノンザード』がめっちゃ面白い!【正式リリース!】

  本日(2019年9月10日)、BANDAIが制作した話題のスマホカードゲーム『』が正式リリースされました。   AIと共に、AIと戦う 次世代デジタルカードゲーム   ...

続きを見る

 

 

ゼノンザード(ZENONZARD)

ゼノンザード(ZENONZARD)

BANDAI Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

幸運にもエンジニアになれて良かった!

長々と書いてしまいましたが、エンジニアとして働けて本当に良かったです!色々な幸運が重なり結果としてエンジニアになれたわけですが、

自分の持った幸運にとても感謝しております。

(エンジニアやめるわけじゃないです笑)

 

これから先どんどんエンジニアの需要は上がっていくことは紛れもない事実であると思うので、今以上に勉強して頑張っていこうと思っています。

 

【未経験】これからエンジニアになりたい人が行うべき3ステップ

現在5年目のエンジニアとして日々勤務しています。 ここ最近、自分が今現役のエンジニアで働けていることをとても嬉しく思っています。   今回は、自分もエンジニアに興味がある!という方や すぐに ...

続きを見る

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-プログラミング
-

Copyright© クラインの備忘壺 , 2019 All Rights Reserved.