AWS プログラミング

FARGATEのVCPUとCPU, メモリの対応表まとめ

FARGATEのVCPUの値はCPUとメモリそれぞれの値ごとに定義されているようなのですが,

これがいまいち毎回よくわからんのと忘れるので対応表にまとめておきます。

 

引用元はタスク定義に関するAWS公式のドキュメントです。

 

対応表

CPUとVCPUの対応表

CPUVCPU
2560.25
5120.5
10241
20482
40964

 

要は、

1024 = 1VCPU

という計算らしい

 

メモリの単位MiBとGBの対応表

MiBGB
5120.5
10241
20482
30723
40964
51205
61446
71687
81928
...以降1024のインクリメント...以降1のインクリメント
3072030

 

要は、

1024MiB = 1GB

という計算らしい

 

CPUと選択可能メモリの対応表

CPU(VCPU)選択可能メモリMiB(GB)
256 (0.25)512 (0.5 GB)、1024 (1 GB)、2048 (2 GB)
512 (0.5)1024 (1 GB)、2048 (2 GB)、3072 (3 GB)、4096 (4 GB)
1024 (1)2048 (2 GB)、3072 (3 GB)、4096 (4 GB)、5120 (5 GB)、6144 (6 GB)、7168 (7 GB)、8192 (8 GB)
2048 (2)4096 (4 GB)~16384 (16 GB) (1024 (1 GB) のインクリメント)
4096 (4)8192 (8 GB)~30720 (30 GB) (1024 (1 GB) のインクリメント)

 

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-AWS, プログラミング
-, ,

© 2020 クラインの備忘壺