プログラミング

Gitが使えないとエンジニアとしてやばいみたいな風潮【実際どこまで必要?】

更新日:

こんにちは、クライン(@kleinitblog)です。

現在エンジニア歴5年目で、今は主にサーバサイド〜インフラあたりの領域を担当しています。

 

業務では毎日のようにGitを使わされ、コミットがおかしなものなら怒号が飛んできます。

そんなGitですが、ここ最近のエンジニア業界では必須のスキルとして各会社の募集要項などに書かれていたりしますよね。

 

 

本記事では、Gitが必須になってきた昨今についてエンジニアはGit使えないとやばいぞ??

な風潮についての自分なりの考えと、実際にどうやってどの程度学べばいいのかをまとめていこうと思います。

 

 

 

Gitが使えないとどーなるの?

 

Gitに関する知識が全くない状態で実務に入るとどうなるのでしょうか。

 

私の業務の例を取ってあげると、まずはっきり言って何も仕事にならないです。なぜなら、全てのファイル管理においてGitが導入されており

どんなに小さい案件だとしても100%の確率でGitを使っているからです。

 

例えば、HTMLとCSSのコーディングができたとしてもそれをGitで管理することが当たり前なので、一旦そこでつまづいてしまいます。

 

 

幸い、自分の場合は新卒で今の会社に入社し0からGitを使った開発を学ぶことができたためラッキーでしたが、エンジニアに転職したい方などは特に注意が必要かもしれません。

 

【完全無料】都内の20代限定!エンジニア転職するならGeek JOBが一番おすすめ!【プログラミングスクール 】

エンジニアに転職したい方の中でも、 20代で且つ都内に住んでいる、もしくは都内のスクールに通うことができるという方は、   本記事で紹介するがプログラミングスクールの中でも一番おすすめになり ...

続きを見る

 

中小のベンチャーでは履歴書にGithubのアカウントが必須の場合も

最近耳にした話で、中小のITベンチャー企業では個人のGithubアカウントの提出が必須で、そこに上がっているソースコードを評価にも使用することがあったりするみたいです。

(どこまで事実かはわかりません)

 

こう言った状況が増えてきているので、ある程度のGitに関する知識は持ち合わせていると確実にプラスになると言っていいと思います。

 

どの程度の知識が必要なのか

 

上記のようにGitを実務で使うことが前提になりつつある中、実際にはどの程度の知識が必要なのでしょうか。

知識が多いに越したことはないですが、やはり他にも学ばなければいけないことは山ほどあると思うのである程度までの知識ラインを知っておけば個人的にはいいと思っています。

 

最低限の知識ライン

個人的に最低限これだけはできれば実務でめちゃくちゃに恥をかくことはないというのが以下。

 

  • 用途に応じてプル(Pull)、クローン(Clone)ができる
  • ブランチ(Branch)を適切に切ることができる
  • 適切なタイミングでコミット(Commit)ができる
  • プッシュ(Push)とプルリクが行える
  • コンフリクト(Conflict)が解消できる

 

究極、これらのことができればあとはその応用でなんとかならなくもないと思います。

 

上記の内容の意味が不明な時は

Gitに関して上記した5つの点は基本のキです。

膨大に存在するGitの知識のうちの1%くらいであり、重要度でいうと50%くらいを占めています(自分はそう思ってます)

 

まず書かれた意味が分からない場合は、それぞれのワードでググってみてください。

 

git プル

git コミット push

 

などなど。

Gitというものがなんとなくどういうものか理解している人であれば、ググるだけでわかるかもしれません。

 

ググり疲れた方はサルでもわかるGit入門が初心者向けで大変わかりやすいので、こちらに逃げ込むと良いです。

 

実務レベルにする

 

実務レベルにするのに手っ取り早い方法は当たり前ですが以下の通りです。

(というか他に思いつかないw学習に近道は存在しないです)

 

  • 実務を想定した学習をする
  • 自分でGithubのアカウントを作って使ってみる

 

実務を想定した学習

おすすめはUdemyの以下の動画です。

 

Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

 

チーム開発におけるGitの使い方がとてもわかりやすく解説されています。有料ですがよく分からない参考書を買って中々スキルとして身につかないよりはるかにコスパいいと思います。

 

Udemyでセール時に購入すべきオススメの動画Part2でも取り上げているので良かったら併せて参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

【厳選】Udemyでセール時に購入すべきオススメの動画Part2【どの分野にも役立つ】

エンジニアの皆さま!これからエンジニアを目指す皆さま!Udemyは有効に使っていますか?? 以前にUdemyでセール時に絶対買っておいた方が良い動画を分野別に分けて以下の記事で紹介しました。 &nbs ...

続きを見る

 

 

Githubのアカウントを作って使ってみる

これは説明不要ですね。

実際に使ってみるのが一番頭に残るのは間違いありません。ただのテキストファイルでも、自分で作ったポートフォリオのHTMLファイルでもなんでもいいので、Git管理デビューしてみましょう!

きっと少し見えてくるものがあります。

 

実務ではもっと複雑なGit運用があるかもしれませんが、間違いなく練習になります。

 

今のうちにGitを学習しておこう!

 

これから先のエンジニア界では、今よりもっとGitやGitに似たバージョン管理システムが重要になってくると思われます。

おそらく、

 

HTML + CSS + JSが達人のようにできるエンジニア

 

ではなく

 

HTML + CSS + JSができて且つGitによる開発経験のあるエンジニア

 

のような条件がどんどん増えてくると思います。

自分の得意知識を伸ばすこともとても重要ですが、その合間にでもGitの学習を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

また上記、学習のススメとして紹介したUdemyの動画ですが運がよければセール対象にもなるので、興味があればHPをチェックしてみてください。

 

 

 

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-プログラミング
-, , , , , ,

Copyright© クラインの備忘壺 , 2019 All Rights Reserved.