プログラミング

Javascriptのasyncとawaitを超ざっくりまとめる

非同期処理を中々触れる機会がなかったのですが、先日たまたまAWSのLambda関数をNodejsで作成することになり、

asyncとawaitにぶつかったので超ざっくりまとめておこうと思います。

 

async

非同期処理を行いたい関数に付与する。

asyncを付けるだけで、その関数の処理を非同期で行うことができる。

 

非同期なので、関数の終了を待たずにプログラムが進む。

 

await

asyncを付与した関数の中で使用する。

awaitを処理の前に付与することで、その処理が終わるまでプログラムの進行を止めることができる。

 

 

処理1〜3は非同期なので処理の完了の順番はわからない。

処理4はawaitを付与しているので進行が止まる。なので、実際の動きとしては以下のようになる。

 

処理1〜3を同時に行う、処理4の完了を待って、処理5を行う。

 

めちゃくちゃざっくりなので間違っていたらすいません。

 

-プログラミング
-,

© 2020 クラインの備忘壺