Python プログラミング

初めてKaggleのタイタニックをやってみた時のメモ

最近機械学習の勉強をはじめました。

理由は色々とあるのですが、元々興味があったところに自粛が重なったので今しかない!と思いスタートした次第です。

 

現在、書籍やudemyで絶賛勉強中なのですが

どうにも一旦手を動かしてみたくなり、無謀ながらにもKaggleを初めてやってみたのでその時の頭の整理として残します。

 

Kaggleへの登録〜コンペへの参加。NoteBook周りなどは以下のnoteの記事を元に行いました。

https://note.com/toshioakaneya/n/na582cb273153

 

 

まだ知識が薄っぺらいので、もはや機械学習のコードと言っていいのか分かりませんが

あくまで自己学習の補強として行ったアウトプットになります。

 

早速、実際に書いたコードは以下の通りです。

ちなみに、開発環境はKaggleのカーネルで行う時もあれば、ローカルに落としてきてPyCharmから開いたりなどまちまちでした。

 

初めてのtaitanicで使用したコード

 

前処理では以下のQiiitaの記事をそのままトレースさせていただきました。

https://qiita.com/ejama/items/32d31fcc5e350ec5ea5f

これからいろんな特徴量で試してみようと思います。

 

学習では、こちらの記事ではsvmを使っていますがここを変更し、ロジスティック回帰にしてみました。

 

当然の事ながら精度はめちゃくちゃ悪かったのですが、Kaggleの流れが掴めて非常に楽しかったです。

あとpandasってこんなにいろんな事できるんだなあと心から関心しました。

 

これから勉強頑張っていきます。

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-Python, プログラミング
-,

© 2020 クラインの備忘壺