Kotlin プログラミング

KotlinでYoutube Data APIを叩いてみる。

Youtubeが大好きなので、Kotlinから外部APIを叩く練習としてYoutube Data APIを叩いてみます。

公式のリファレンスにはJavaはあったのですが、Kotlinがなかったので勉強を兼ねて書き換えを行いました!

 

APIキーの取得

Youtube Data APIを使用するためのキーを取得します。

ここでは取得方法は割愛しますが、「Youtube API キー」とかで検索したら死ぬほど出てきます。(特に難しい作業はないです)

 

必要なパッケージを導入

Gradleに以下必要なパッケージを導入します。

 

build.gradle.kts

 

ここの「1.25.0」ですがバージョンがもっと新しいものがある可能性があります。

以下、Javaのクイックスタートに記載のある、STEP2にバージョン確認方法の記載があるので気になる方はご確認ください。

 

https://developers.google.com/youtube/v3/quickstart/java

 

検索してみる

今回はAPIの接続確認のお試しとして、検索(Search/list)メソッドを呼んでみます。

以下を任意の場所に書いて呼び出してみてください。

 

 

YOUR_API_KEYはお使いのAPIキーに変換ください。

 

動画の検索結果が返って来れば成功です!!

 

 

-Kotlin, プログラミング
-,

© 2020 クラインの備忘壺