プログラミング

RaspberryPi(ラズベリーパイ)にLAMP環境を構築する方法

今回は、RaspberryPiにLAMP環境を構築してみたいと思います。

 

そもそもLAMP環境って何??って方はこちらを先に見てみてください!

 

先に見る
【3分でわかる】よく聞くLAMP環境を初心者にも分かりやすく解説!

今回は新社会人になりITに関わる仕事についた方や、LAMP環境ってよく聞くけど何となく流しているという方に向けて 出来るだけわかり易くシンプルにLAMP環境という言葉について解説していきたいと思います ...

続きを見る

 

今回の構築に当たって作業は全てコマンドライン上で行うため、あらかじめSSHでラズベリーパイにログイン出来るようにしておいてください!

 

クライン

ラズベリーパイはガジェット好きに刺さるぜ

 

ラズベリーパイ4セット コンピューターモデルB 4GB Raspberry Pi 4 Computer Model B ヒートシンク付き 財団公認ベンダー技適取得済商品
created by Rinker

 

 

 

 

RaspberryPiのアップデート

RaspberryPiにアクセスができたら、まずはapt-getのアップデートから行います。

 

sudoを付けるのを忘れるとおそらく失敗するので、ご注意ください!

 

 

Apacheのインストール

Apache(正確には、今回はApache2)を導入します。

 

 

これで、Apache2のインストールが完了しました!念のため、起動してブラウザから確認します。

 

 

ブラウザからRaspberryPiのIPアドレスにアクセスして、Apache2のデフォルトページが表示されれば成功です。

 

 

ちなみに、停止と再起動は以下のコマンドで行えます。

 

 

無事に確認ができたら、Apacheの設定を変更していきます。

この手順は、飛ばして次のPHPのインストールに進んでも問題ないですがセキュリティ上の変更などもあるので、お時間があれば行うことをオススメします!

 

1. エラードキュメントにサーバー情報が出ないようにする

(重要)サーバー情報が漏れるリスクを少しでも軽減します。

 

2. デフォルトページを削除(ドキュメントルート外にする)

Apache2のデフォルトページは不要なので、ドキュメントルート外にします。

 

3. ドキュメントルート以下のディレクトリで、シンボリックリンクと.htaccessを有効にする

シンボリックリンクと.htaccessは便利なので、有効にしておきましょう。

 

PHPのインストール

次にPHPをインストールします。

 

 

インストールが出来たら、PHPが実際に動くかどうかテスト用に「Hello World From PHP!」とだけ表示されるファイルを作ってブラウザから確認します。

 

 

作成できたらブラウザから、下記にアクセスして確認してみてください。

http://[RaspberryPiのIPアドレス]/index_php.php

 

MySQLのインストール

最後にMySQLをインストールします。

 

以上でLAMP環境の完成になります、この環境で色々試して見てください!

 

ラズベリーパイ4セット コンピューターモデルB 4GB Raspberry Pi 4 Computer Model B ヒートシンク付き 財団公認ベンダー技適取得済商品
created by Rinker

 

学習はUdemyがおすすめ!

 

最後に、せっかくRaspberry Piが使えるのでおすすめの学習方法としてUdemyの動画を紹介します。

以下の2つがおすすめです!

 

おすすめの対象者動画名公式URL
英語に抵抗のない方Tech Explorations™ Raspberry Pi Full Stack Raspbian

https://www.udemy.com/course/raspberry-pi-full-stack-raspbian/

それ以外の方Raspberry Pi とTensorFlow ではじめるAI・IoTアプリ開発入門 https://www.udemy.com/course/raspi-tensorflow/

 

どちらもセール時は1500円程度で買えます!

 

ガンガンRaspberry Piで遊んじゃいましょう!参考になれば幸いです。

 

 

-プログラミング
-, , ,

© 2020 クラインの備忘壺