AWS プログラミング

Terraformでローカルにあるサードパーティ製の証明書をACMにインポートする

ACM発行ではないサードパーティ製の証明書をACMにインポートする時、

マネジメントコンソールからは特に迷うこともなくポチポチで終わるのですが

 

Terraformからどうやるのか??が意外と記事がなく少し時間がかかったのでそのメモです。

 

今回想定されるのは、既に手元に証明書関連の以下のファイルが存在するという前提になります。

  • 秘密鍵
  • 証明書
  • 中間証明書

 

以下で作成可能です。

 

それぞれのファイルへのパスをfile()関数で指定するだけ。

なんともまあ簡単だったのですが、調べても分からず時間かかりました。。

 

Terraformを学びたい方へ

Terraformをきちんと学びたい方はUdemyのLearn DevOps: Infrastructure Automation With Terraform がとてもおすすめです。コスパ最高です。

よければ参考にしてみてください。

 

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-AWS, プログラミング
-, ,

© 2020 クラインの備忘壺