ライフハック

XENOで先行皇帝ワンキルが成功する確率について

中田敦彦さんがメインチャンネルでDaigoさんとAmazonで戦ったので、人気が急上昇してます。

本記事ではAmazonで先行プレイヤーが皇帝の公開処刑により、英雄を捨てさせワンキルが成立する確率を求めていきます。

 

(これやられたらゲームも何もないww)

 

当たり前ですが、1 on 1での対戦です!

 

 

条件

ワンキルが成立する条件は以下の通り。

 

  • 先行プレイヤーが最初のカード、もしくは1ターン目のドローで「皇帝」を引く
  • 後攻プレイヤーが最初のカードで「英雄」を引く

 

確率

条件を元に確率を求めます。ちなみにXENOのカード総数は18枚

 

1. 先行プレイヤーが「皇帝」を引き、且つ後攻プレイヤーが「英雄」を引く

こっちは単純。「皇帝」と「英雄」は総数18枚中に1枚ずつなので以下の通り。

 

1/18 (皇帝を引く) × 1/17 (英雄を引く) = 1/306

 

2. 後攻プレイヤーが「英雄」を引き、且つ先行プレイヤーがドローで「皇帝」を引く

こっちがやや面倒。

ドローで引かないといけないということは、先行プレイヤーの最初の1枚は「皇帝」と「英雄」以外。

さらに、XENOのルール上その後にドローの前に転生札として1枚山札から裏向きでセットするので、転生札に「皇帝」が入ってもいけない。

 

まとめると、以下の通り。

 

16/18 (皇帝と英雄以外を引く) × 1/17 (英雄を引く) × 15/16 (転生札が皇帝以外) 1/15 (皇帝を引く)

= 1/306

 

結果

1と2は同時に起こらないので確率を足す。

 

1/306 + 1/306 = 1/153

 

まとめ

結果は1/153でした。

もし間違ってたらコメントください。。好評だったら他のワンキルもやります。

 

 

中田敦彦が作ったカードゲームXENO(ゼノ)のルールまとめ!

『中田敦彦のYouTube大学』が大人気のオリラジ中田さんのセカンドチャンネル『中田敦彦の2nd YouTube』で、というカードゲームを作ったと発表されました。   この人どこまですごいん ...

続きを見る

-ライフハック
-, ,

© 2020 クラインの備忘壺