Youtube

【Youtube】チャンネル開設から2ヶ月で登録者100人を達成したので、意識した3つのことを紹介!

投稿日:

約2ヶ月前の、2019年4月に

本ブログでは、仮面プログラマークラインという

Youtubeのチャンネルを立ち上げました。

(厳密には、本ブログというよりもクラインという名前でリンクさせて始めました。)

 

 

 

先日、

チャンネル登録者数が念願の100人越えを達成できましたので、

これまでに意識したことや実際に行ったことを、振り返りながらまとめていきます。

 

 

たかが100人かよ!!

と言われたらそれまでですが、きっとこの記事を見てくれている方の多くは

 

Youtubeで動画投稿を始めたはいいものの、

中々チャンネル登録者数が増えない!

 

と悩んでいる方や、

 

これからYotubeやって見たいけど、

まずは、チャンネル登録100人ってどれくらい大変なの?

 

という疑問を持った方だと思いますので、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

この記事のターゲット

  • Youtubeでまずはチャンネル登録100人を達成したい人
  • これからYoutubeで動画投稿を始めてみたい人

 

チャンネルを見てみる

 

 

チャンネルの概要

(2019/06/18時点)のデータになります。

チャンネル開設日:2019/04/02

動画本数:17本

内容:ミステリとプログラミングが主テーマ

総視聴回数:19482回

総再生時間:53364分(約890時間)

 

動画の本数に関しては、あまり多い方ではないと思います。

 

基本的にブログメインでやっていたこともあり、

もう少し動画の頻度を上げたかったなあと思ってます。

 

再生時間と、視聴回数に関してはそんなに悪い数字ではないと思っています。

あくまで主観でしかないので、分かりませんがw

 

クライン

動画見てくれた皆さんに感謝。

 

意識したこと

 

チャンネルを運営していく上で、意識したことは主に下記の3つです。

 

  • 見た目に特徴を出す(ブランディング)
  • 自分の得意ジャンルに絞る
  • SNS(主にTwitter)連携をマストにする

 

順番に説明していきます。

 

 

見た目に特徴を出す(ブランディング)

ここは最も意識しました。

 

仮面プログラマーという名前から想像がつくように、

チャンネル内では私は仮面を着けて動画を出しています。

 

仮面を着けたのは、決して顔出ししたくなかったということではなく

あくまで「見た目に特徴を出したかった」からです。

 

というか実は以前、別のチャンネルを運営していたのですが

そっちではガンガン顔出してましたww

 

もし仮面取ったところが見たいという方は、TwitterのDMでもくださいw

 

 

私は特別イケメンでもない、特別ブサメンでもない

めちゃくちゃ太っているわけでもないし、マッチョでもない。

 

トータル偏差値47 ~ 52くらいの人物なんです。

 

そんな中で、

 

どうしたら見た目でインパクトを与えられるだろうか?

 

動画の内容とは別に自分を覚えてもらうにはどうしたら良いだろうか?

 

と考えた末に、

そうだ結構流行ってるし、仮面をつけよう!

 

と思いたまたまイタリアのヴェネツィアで購入した、

エグイ仮面があったので手に取った次第です。

 

仮面デザインのエグさなら1位取れる気がする。

くらいん

 

 

また、ブランディングという観点で1点補足をすると、

動画のOPやED、使用する音楽や動画のサムネイル等は可能な限り統一を行い、

 

自分のチャンネルであるということを

少しでもユーザーに意識付けられるようにしました。

 

自分の得意ジャンルに絞る

Youtubeで動画を投稿していく上で避けて通れないのが

ジャンルをどうするかという部分です。

 

中には、ジャンルを絞るよりも自分のできること、

動画の撮れることは片っ端から撮影してアップしていったほうが、

 

本数稼げるし良いんじゃない?という考えもあるかもしれませんね。

 

しかし私はそうは思いません。

あらゆるジャンルを投稿しそれが成功するのは、

 

すでにYoutube以外で有名になっていて

その人個人に十分な魅力が確立されている場合のみだと思います。

例)芸能人とか、有名ブロガーとか

 

中には、Youtubeからその人の魅力が引き出され、

有名になった人もいますが、本当にごく僅かではないでしょうか。

 

 

多くの人はぶっちゃけパンピーだと思うので、

確実にメインジャンルは1つないし2つ程度で

 

自分の得意なものに絞った方がいいです。

 

ジャンルを絞る一番のメリットとして

個人の魅力で戦うだけでなく、そのジャンル自体の魅力を味方につけることができるからです。

 

例えば私は選んだ得意ジャンルとして、

ミステリ×プログラミングというテーマを掲げています。

 

現在アップしている動画の主な内容としては、

ミステリ → ドラマあなたの番ですの考察動画

プログラミング → Pythonというプログラミング言語の解説

 

となっています。

 

 

特にあなたの番ですの考察動画では分かりやすく、

ドラマの魅力の恩恵をいただいています。

 

要は、別に仮面プログラマークラインというチャンネルに興味がなくても、

あなたの番ですに興味がある人は動画を見てくれますよね。

 

その動画の内容が良ければ、

チャンネル登録に繋がるだろうといった具合です。

(私の動画のクオリティはまだまだなので、これからもっと精進します。。笑)

 

SNS(主にTwitter)連携をマストにする

最後はSNSでの連携についてなのですが、

やはり今の時代SNSでの拡散は超必須です。

 

特にTwitterはマストだと思います。

 

どんなにいい動画を作っても人の目に止まることがなければ、

なんの意味もありません。

 

SNSで動画の投稿を発信すれば、見てもらえる可能性は格段に上がります。

 

実際に私のようなチャンネルでも、

Twitterから来ていただいている人数もだいぶいますので、確実に効果はあると思います。

 

Twitterで30文字程度拡散するだけで

動画を見てもらえる確率が上がるんですよ??

 

絶対にやるべきです。

 

最後に

今回は、Youtubeを2ヶ月間継続してきて

意識をしたことについて振り返って解説してみました。

 

Youtubeは色々なところで言われていますが、本気で大変です。

 

私はブログに関しては、ほぼ毎日更新をしていますが、

正直ブログを続けることの100倍、いや1000倍きついです。

 

動画作るのに8時間、見られた回数30回、低評価の嵐

こんなのザラにあります。

 

それでも動画を上げていく中で、いいコメントがもらえたり、

チャンネル登録をしてもらえたりすると、非常に達成感を感じられます。

 

これからもそれを励みに

次は1000人達成の記事を上げられるように頑張りたいと思います。

 

これからも、仮面プログラマークラインと、

クラインの備忘壺(本ブログ)をよろしくお願いします!

 

チャンネルを見てみる

 

Youtubeチャンネルの紹介

本ブログではYoutubeに、

ミステリ×プログラミングというテーマで動画を投稿しています。
よかったら是非併せて見てください!

よく読まれている記事

1

  現在5年目のエンジニアで26歳です。 今回は20代の現役エンジニアとして、自分も含め転職について考えている方に向けて20代エンジニア転職に完全特化したおすすめのサービスを3つ紹介していき ...

2

これからエンジニアになりたい、プログラミングを使えるようになりたいという方に向けて 山のようにあるプログラミングスクールの中から、特におすすめなスクールをタイプ別に逆引きで3つ紹介します。 &nbsp ...

3

みなさんはを使っていますでしょうか。   本記事を見ていただいているということは、   プログラミングの勉強でを使うことに興味がある、 もしくはこれから動画を購入したいけどどれを買 ...

-Youtube
-,

Copyright© クラインの備忘壺 , 2020 All Rights Reserved.