Python プログラミング

JupyterLabの自動補完(jupyterlab-kite)が最高なのでDockerで環境作った

JupyterLabの自動補完のための拡張機能(jupyterlab-kite)が物凄く良いのでDockerで環境を作りました。

先に使用方法を記載しますので、良かったら使ってみてください。

 

 command
# pull
$ docker pull kleinmask/jupyter-lab
 
# run
$ docker run -d --rm -p 任意のポート:8888 -v 使用したいディレクトリ:/work kleinmask/jupyter-lab

 

build元のDockerfileはこちらになります。

改善点が死ぬほど沢山あると思うので、良かったらプルリクください。

 

https://github.com/klein-mask/docker-jupyter-lab

 

 

ちょっとだけ宣伝。YotubeにIT関連の動画アップしてます。

良かったらこちらも見てもらえると飛んで喜びます。

 

以降は軽くJupyterLabとjupyterlab-kiteについて軽く触れておきます。不要な方は読み飛ばしてください。

JupyterLabとjupyterlab-kite

Pythonの環境構築はすごく沢山の方法があり、一概にどれがいいとかは正直わかりません。

 

しかしその中でも、Jupyterによる対話式のNoteBook環境はデータ分析で非常に使用されるということで、使っている方も多いと思います。

 

ここで問題になるのが、JupyterLab自体をどのような方法でインストールするか?

ということです。

 

  • 通常のPythonを導入し、pipでインストール
  • Anacondaを導入し、condaでインストール
  • pyenvを導入し、pyenv経由のpipでインストール

 

などなど、書き出したらキリがありません。

 

今回はその中でもDockerを使用して環境を作っていきます。

 

なぜDockerか

昨今の開発環境ではしきりにDockerが使われるのでその波に乗りたいだけです。

嘘です。どのPCでも同様の環境が作れるということは、とんでもなくメリットです。

 

会社のPCで使いたい、自宅のPCで使いたい。パソコン変えたい。

こんな感じで皆さんに共有して、プルリクもらいたいw

 

などなどメリットだらけなので使っていきましょう。

 

jupyter-kiteがすごい

今までJupyterLabには自動補完が付いておらず、ちょくちょく拡張機能での対応がありましたが、

補完のためには特定のキーを打つ必要があるなど、正直VSCodeとかに使い慣れている方の場合は、

使用が大変なものでした。

 

jupyter-kiteはその辺りを解決し、非常に使いやすい機能を提供してくれました。

 

どうしてもDockerで使いたかったのですが、kiteの導入になかなか手こずり

特に落ちているDockerイメージも見つからなかったので作ってみたというところです。

 

結構無理くりな感じでDockerfile書きましたが、今の所動作は問題なさそうなので

良かったら使ってみてください。

 

-Python, プログラミング
-, ,

© 2020 クラインの備忘壺